2017年5月14日(日)vs.近畿大学 試合レポート

2017年5月14日(日) 天候くもり @富士通スタジアム川崎 14:15K.O

5月にしては涼しい気候の中、近畿大学との定期戦が行われた。

近大のキックにより試合開始。#22坂間のランや#1小林のパスなどで粘るも攻守交代する。#41村中や#4廣瀬のタックルでパスキャリアをとめ、#30山本(直)や#36宮崎のナイスタックルで近大オフェンスに前進を許さず攻守交代。
#72越智を筆頭としたOL陣の粘り強いパスプロにより、#18原や#14荒井の安定したパスキャッチでフレッシュを獲得する。ここで流れを掴んだオフェンスは#2藪野のラン、#1小林のQBキープで着実に前進する。しかしここで4thダウンに追い込まれパントへ。流れを引き寄せたい専修はディフェンス陣がプレーで魅せる。#96飯塚率いるDL陣が鉄壁の守りをみせ相手をパントに追い込むと、#33関根のナイスブロックもあり、#36宮崎が見事に相手をかわし75ydのパントリターンタッチダウンを決める。その後#51小原がキックを決め、7-0と先制する。

いい流れのまま2Qに入る。ゲームクロックが故障する不運に見舞われるも専修ディフェンスの勢いは止まらず、#5石川や#51小原のナイスタックルが光る。攻守交代し、#22坂間や#1小林のランで前進するが、近大ディフェンスも譲らず専修オフェンスはパントへ追い込まれる。#36宮崎が機敏な動きで相手をしとめ、#30山本(直)の大胆不敵なタックル、#51小原の好タックルなど二年生の活躍が目立つ。その後、ゴール前まで攻め込まれ#47天野が粘り強いタックルでとめるも、タッチダウンを許してしまう。何としても負けられない専修は、ここからオフェンスが猛攻撃を仕掛ける。#15山内が見事にパスキャッチ、OL陣の好ブロックにより#2藪野が相手の隙をつきロングゲインしフレッシュ獲得。#13山本(航)のパスキャッチ、#2藪野のラン、#15山内のパスキャッチによりフレッシュを量産する。ここで4thダウンに追い込まれFGに挑戦するが失敗。同点のまま前半を終える。

専修のキックにより3Qが始まった。#22坂間がランでフレッシュを獲得、多彩なプレーで攻撃するも、ここでインターセプトされてしまう。しかしこの直後#36宮崎がインターセプトし、俊足を生かしそのまま48ヤードのリターンタッチダウン。本日2度目のタッチダウンを決める。#51小原がキックを決め14-7とリードする。このあと近大にFGを決められ14-10となり、3Q終了。

追加得点を挙げたい4Q、#22坂間のランで相手陣へ攻め込むもイエローで罰退し、このまま進めずパントへ。このあと近大にタッチダウンを決められ14-17となる。何としても追いつきたい専修は#15山内や#11小堀がパスキャッチし、粘り強くゲインするがパントへ。攻守交代し、近大にフレッシュをとられるも#31佐藤(宏)や#96飯塚がゲインを阻止しFGに抑え14-20と逆転のチャンスを残し攻守交代。専修オフェンスはランとパスを巧みに使い分けるがなかなか進めず。最後にインターセプトされ、試合終了。

次戦は1部TOP8の明治大学、今回の課題をいかに克服できるかが勝利の鍵となるだろう。

カテゴリー: 最新ニュース, 試合結果   パーマリンク