2017年11月4日(土) vs.神奈川大学 試合レポート

2017年11月4日(土) 天候:晴れ
@東京工業大学大岡山Gr
11:00K.O.

11月とは思えない暖かな陽気の中、試合が開始された。

専修のリターンにより、1Q開始。
#26佐藤(亮)の力強いラン、#14荒井パスキャッチによりフレッシュし、順調な滑り出しをみせる。#72越智を筆頭とするライン陣の活躍により#2藪野が駆け抜けフレッシュ獲得。その後のディフェンスでは、#9内村、#30山本(直)、#44菊田、#5石川らのタックルで相手を進ませず、更に#91蛭田が相手QBに強烈なサックを決める。
その後も互いに得点に動きはなく、1Q終了。

2Q開始早々、相手のロングパスを#30山本(直)がインターセプトし、ここで流れを変える。
#14荒井フレッシュ、#2藪野のランに加え相手の反則により敵陣20ヤードまで攻め込む。しかし惜しくも得点はならず、攻守交代。その後も#25田中が奮闘しフレッシュ獲得するも、パントへ。ディフェンス陣は見事なチームプレーで安定の守りを貫き、失点を許さず。0-0で前半を終える。

なんとか得点を入れたい3Q。
相手QBを#9内村が自慢のスピードを活かしタックルし、4thダウンでの相手のスペシャルプレーは#44菊田、#31佐藤(宏)が冷静に対処し、#5石川がファンブルリカバーをしてボールを奪う。
その後も#47天野のキャリアへの鋭いタックルが決まるなどディフェンスはこの日も絶好調。オフェンスの攻撃では#26佐藤(亮)がフレッシュし、ランでヤードを稼ぐもパントに追い込まれるが、#36宮崎のナイスパントで敵陣1ヤードから始まった相手の攻撃を、ディフェンス陣がエンドゾーン内のキャリアをタックルしセーフティとする。ここで先制点2点を獲得。

良い流れで4Qに突入。
#16木下のパスキャッチや、ランでゴール近くまで攻め込むと、#36宮崎の落ち着いたキックでFGトライが決まり、3点追加し5-0とする。
その後両校とも互いに譲らぬ攻撃が続き、試合残りわずかとなったところで、オフェンスへ攻守交代。最後はニーダウンで試合終了。
5-0で今シーズン5勝目を挙げた。

全勝をキープしたものの、攻撃が課題となった今節。次節は勝利すればブロック1位通過が決定する大事な試合だけに、オフェンスの大暴れによる大量得点で勝利したい。

カテゴリー: 最新ニュース, 試合結果   パーマリンク