2017年12月17日(日) vs.一橋大学 試合レポート

2017年12月17日(日) 天候:晴れ
@アミノバイタルフィールド

16:30K.O.

1部BIG8昇格のための大事な一戦、一橋大学との試合が始まった。

専修大学のキックにより1Q開始。
#9内村、#36宮崎が相手オフェンスにプレッシャーをかけパスミスを誘い、#44菊田、#47天野の鋭いタックルで相手をパントに追い込む。続く専修オフェンス、OL陣の好ブロックで道を作り#22坂間のランでフレッシュを獲得するも得点には繋がらず、その後のディフェンスは#44菊田や#5石川の好タックルもあったが、相手に先制点を許してしまい、0-7。しかし、その後#2藪野のビックリターンにより、50yd地点から攻撃開始。#14荒井のパスキャッチ、QB#1小林や#22坂間のランにより、好調にフレッシュを獲得。最後は#14荒井の華麗なパスキャッチによりタッチダウン。キックも#51小原がしっかり決め、7-7と同点で1Q終了。

点差をつけたい2Q。
#6鈴木、#58原島の好ブロックによりできた道を#2藪野が走りフレッシュを獲得するも、パントに追い込まれる。続く専修ディフェンスでは#96飯塚を筆頭にDL陣の好ブロックや#5石川のタックルにより相手オフェンスにプレッシャーをかけ、#31佐藤(宏)がファンブルリカバーし、攻守交代。なんとしても点差をつけたい専修オフェンス、#22坂間のランや#11小堀のパスキャッチにより、フレッシュを獲得し敵陣14yから#22坂間の俊足を生かしたランでタッチダウン、13-7。しかし、その直後の攻撃でタッチダウンを取られ13-14と1点リードされ、前半終了。

なんとか追いつきたい3Q、専修大学のリターンで試合再開。
#22坂間のラン、#13山本(航)のパスキャッチ後相手タックルをかわしたランによりフレッシュ獲得。その後も#58原島を筆頭にOL陣の作った道を#22坂間が走り、敵陣26yd地点まで進むも得点には繋がらず、攻守交代。#96飯塚、#44菊田のタックルにより相手をパントに追い込む。#2藪野の30ydラン、#13山本(航)の華麗なパスキャッチにより好調にフレッシュを獲得。#17奥が敵陣25yd付近からのFGトライを決め、16-14とリードし、3Q終了。

専修ディフェンスから始まった4Q。
#15山内の素晴らしいパントリターンにより、自陣33yd地点から攻撃開始。#22坂間や#2藪野のラン、#6鈴木のパスキャッチによりフレッシュ獲得し、#17奥が再び敵陣15yd地点からのFGトライを決め、19-14とリードを広げる。#96飯塚を筆頭にしたDL陣や#30山本(直)の好タックルにより、攻守交代。#22坂間の素早いランによりフレッシュを獲得するも追い込まれ、再び専修ディフェンス。#17奥が相手のパスミスを誘い、 最後は4年生#91蛭田のファンブルリカバーにより、攻守交代。最後は大きなビクトリーフラワーをグラウンドに咲かせ、19-14で試合終了。
見事、1部BIG8昇格を果たした。

今シーズン、たくさんのご支援、ご声援本当にありがとうございました。

来シーズンは1部TOP8昇格を目指し、さらに精進していきますので、引き続きGREEN MACHINEをよろしくお願い致します。

カテゴリー: 最新ニュース   パーマリンク