2018年9月23日(日) vs.横浜国立大学 試合レポート

2018年9月23日(日) 天候:晴れ
@富士通スタジアム川崎

17:00K.O.

秋晴れの夕暮れ時、第2節横浜国立大学との試合が開始された。
専修のリターンにより1Q開始。
#25田中の力強いラン、#19山口の安定したパスキャッチにより、フレッシュ獲得を狙うが、決め手を欠きパントに追い込まれる。その後の専修ディフェンス、#5小原、#29堀之内を中心に相手の攻撃をタックルで止め、なんとか持ちこたえようとするが、14点の先制を許してしまう。横浜国立大の攻撃を止められないままゴールライン近くまで迫られた状態で1Q終了。

2Q開始早々、勢いのある横浜国立大に0-21とさらにリードを許してしまう。反撃に転じたい、専修オフェンス。#14坪沼のパスを、#佐藤(優)が長い手足を活かした高い位置でのパスキャッチを成功させ、48ydのゲイン。ゴール近くまで攻めると、#25田中のランに続き、#14坪沼のカットの効いた走りで相手を交わし、そのままタッチダウン。#44蜂屋がその後のFGトライも成功させ、7点を獲得。専修ディフェンスは点差を広げまいと、#53石橋のロスタックル、#93稲葉、#99大倉を中心としたDL陣の粘り強い守りで相手から守るも、#20足立のインターセプトと同時に前半終了のホイッスルが鳴る。

専修のキックにより、3Qが開始される。
横浜国立大のランプレー中心の攻撃によって、さらに5本目のTDを許し、7-35とリードを広げられてしまう。
しかし専修は、直後のキックオフリターンで#1内村が華麗なステップで相手を抜き去りTDをあげると、#44蜂屋がその後のFGトライも成功させ、7点を獲得。これ以上点差を広げまいと専修ディフェンス陣は、#47星野、#32相原力強いタックルでフィールドを守り切る。その後も両者共に得点を奪えず、14-35と横浜国立大がリードした状態で3Q終了。

なんとか横浜国立大に追いつきたい4Q。
専修オフェンスは#6鈴木のあたり負けない強い走りでダウンを更新するも、パントブロックタッチダウンで7点を許してしまう。その後の専修ディフェンスは#9天野、#星野が相手を圧倒する好タックルを繰り広げる。試合が終盤にさしかかり、専修オフェンスは#7小泉のパスキャッチが成功し、良い流れを作るが惜しくも時間が足りず、#33植木がスピードを活かした走りで会場を沸かせるも、ここで試合終了。14-49という結果に終わった。

今回も白星はあげる事が出来ず、課題の多く残る試合となった。次節、専修のプレースタイルを存分に発揮できるよう、強さに磨きをかけるだろう。

カテゴリー: 最新ニュース パーマリンク