2018年11月17日(土) vs.東海大学 試合レポート

2018年11月17日(土)天候:晴れ

@アミノバイタルフィールド

15:30K.O.

雨の予報であったが天候に恵まれ、温かい夕日に見守られながら第6節東海大学との試合が始まる。専修のリターンにより試合開始。自陣22yd地点より専修の攻撃が始まる。ランプレーで攻めていき、#15山内がロングパスキャッチを決め、フレッシュを獲得するが攻めきれず攻守交代。続くディフェンス#90中村の抜群のプレーリードで東海オフェンスに襲いかかる。東海オフェンス2回に続くフォルススタートの反則があり10yd罰退。その後も専修ディフェンスが鋭いタックルを決め、前には進ませずパントに追い込む。その後のオフェンス#18原のパスキャッチと#25田中のランプレーで攻めていく中、東海大学ディフェンスがパスインターフェアランスの反則で専修オフェンス15yd前進し、ファーストダウンを繰り返す。このチャンスの波に乗ろうとしたが、インターセプトされてしまうがディフェンスが強く守り0-0で1Qを終了する。

何とか先制点をあげたい2Q。東海オフェンスがランで攻めてくるが#32相原の素早い瞬発力により東海オフェンスに得点は許さないがFGを決められ3点の先手を許してしまう。ここで点数を獲得してリードしていきたいオフェンス。#3清瀧のQBキープで走り#26が突っ込みフレッシュを獲得する。#15山内がリバースでボールをもらいランプレーで前に攻めていくが攻め切れず攻守交代し、ディフェンスに託す。東海オフェンスがパスで攻めてくるが#32相原がインターセプトを決め相手を圧倒する。続くオフェンス、#2藪野、#27落合が素早いランプレーで中を攻めていくが、東海大学の守りによりパントに追い込まれる。攻守交代しディフェンス、#92石岡の粘り強いタックルにより前には進ませないが、前半残り5秒でFGを決められてしまう。0-6で前半終了する。

得点を獲得し挽回したい後半。専修大学のキックにより試合再開。3Qはディフェンスから始まった。東海オフェンスがランプレー中心でで攻めてくる中、#30山本の勢いのあるタックルにより粘り強く食い止めるもタッチダウンを許してしまう。逆転を狙うオフェンス。#14坪沼のパスにより、良いドライブを魅せ、フレッシュを獲得していくが、惜しくも攻守交代。続くディフェンスでは#53石橋の素早い判断力により東海オフェンスのランプレーを止めていく。それに続き#5小原がQBサックを決め、パントに追い込む。攻守交代しオフェンス、#19山口のパスキャッチによりフレッシュを獲得していく。ここで3Qが終了。

なんとか逆転したい4Q、#14坪沼がパスを通すもフレッシュならず、ディフェンスに交代。#32相原のセンスの光るパスカットのファインプレー。いい流れでオフェンスにつないで行く。その後オフェンスは、相手のDL陣のパスラッシュにひるまず、パスプレーでゲインするものの、敵陣までドライブできず、パントに追い込まれる。その後ディフェンスは、DLの#90中村を中心に相手のランを的確に止め、パスは、#32相原を中心にカバーすることで、東海大学オフェンスをパントに追い込んだ。4Q終了まで時間がないオフェンス。時間を無駄にできないため、#15山内のパスキャッチや#26佐藤の力強いランプレーで、敵陣まで持ち込むが、あと一歩の所でTDならず。ここで試合終了。

今回の試合は、ディフェンスが各役割を果たし、東海大学のオフェンスを防いでくれたが、オフェンスの得点力の無さが敗因となってしまった。次の学芸戦では、オフェンスのミスを少なくし、得点力のあるオフェンスと、団結力のあるディフェンスで次こそ勝利を掴みたい。

カテゴリー: 最新ニュース パーマリンク