2018年12月15日(土) vs.青山学院大学 試合レポート

2018年12月15日(土) 天候:晴れ

@アミノバイタルフィールド

10:45K.O.

寒さも厳しくなる中、アミノバイタルフィールドにて青山学院大学との試合が行われた。勝てば残留、負けたら降格という大事な一戦。

専修大学のリターンにより第1Q開始。
QB#12田熊を中心に専修オフェンスの攻撃が始まった。開始早々#27落合の中央付近のランでフレッシュを獲得。その後パスでフレッシュ獲得を試みるもパントに追い込まれ攻守交代。続く専修ディフェンス。#22宮崎や#5小原らを中心に必死でボールに食らいつくも自陣20ヤード付近まで攻め込まれFGで先制点を許してしまう。追いかける形の専修オフェンスであったが、またもや相手に得点を許してしまう。

10点差のまま迎えた第2Q。
RB#2藪野がファーストダウン更新。しかしその後がうまく続かず攻守交代。専修ディフェンは見事なタックルにパスカットと早々に相手をパントに追い込む。この第2Qでなんとか相手に、追いつきたい専修大学。しかしまたもや追加点を許してしまう。残り2分でチャンスは訪れる。#28五十嵐や#2藪野、#14坪沼のランにより順調にフレッシュを獲得し、最後はOL、WR陣が道を作り、#2藪野のランでタッチダウン。7点追加。その後も専修オフェンスの波は止まらない。#13山本(航)のパスキャッチ、#27落合のランにより次々とフレッシュを獲得し、最後は#24蜂屋が敵陣10yd付近からのFGトライを決め、10-17で前半終了。

専修のキックにより3Q開始。
#9天野や#5小原の好タックルによりパントに持ち込む。攻守交代するも、ダウン更新できずパントに追い込まれる。しかし、その後#53石橋のインターセプトにより攻守交代。続く専修オフェンスでは、#6鈴木の力強いランや#27落合の素早いランプレーでフレッシュ獲得するもチャンス掴めず、パントへ。#24蜂屋の蹴ったボールは敵陣の10yd付近へ。#5小原のタックル、DL陣の粘り強い守備が続き良い流れを作る。#27落合の華麗なステップでフレッシュ獲得し、流れに乗った状態で3Q終了。

流れを得点に繋げたい4Q。
#26佐藤(亮)の力強いランによりフレッシュ獲得するもパントに追い込まれ攻守交代。DL陣の好守備や#1内村が相手のパスミスを誘いパントへ。#22宮崎が好リターンし、50yd付近からの専修オフェンス。#13山本(航)や#27落合の好プレーで前進する。そして、#11小堀が敵陣1yd付近で40ydのロングパスをキャッチし、#26佐藤(亮)がエンドゾーンへ走り込みタッチダウン。その後のFGトライも決め同点へ。その後#33植木のファンブルリカバーにより攻撃権を得るも得点ならず17-17で4Q終了。試合は延長戦へ。

何としても勝利を掴みたいタイブレーク。
#2藪野のラン、#15山内のパスキャッチによりフレッシュ獲得。そのまま得点に繋げたいが相手のファンブルリカバーにより攻守交代。粘る専修ディフェンスだったが、得点を許し、ここで試合終了。

今期は悔しい結果に終わってしまいました。
今シーズン、たくさんのご支援、ご声援本当にありがとうございました。

再び1部昇格を目指して、来シーズンも精進して参りますので、引き続きGREEN MACHINEをよろしくお願い致します。

カテゴリー: 最新ニュース, 試合結果 パーマリンク