2019年4月21日(日) vs.明治大学 試合レポート

2019年4月21日(日)天候:晴れ

@アミノバイタルフィールド

13:35K.O.

新たなチームとなり、天気にも恵まれ春季オープン戦初戦明治大学との試合が行われた。

専修のリターンにより1Q開始。
#14坪沼のランによりフレッシュ獲得。#15山内のロングパスキャッチ、#28五十嵐の素速いランでヤード獲得するも攻守交代。#22宮崎の好タックルや#5小原が力強いタックルするもゴール付近へ攻められる。#25坪野のタックルにより相手のロングパスをカットし、そのボールを#1内村がエンドゾーン内でインターセプトし攻守交代。しかしチャンスを掴めず1Q終了。

パントから始まる2Q。
開始早々、相手の攻撃によりゴール付近へ。#95川田を中心にDL陣が前進防ぐもFGを決められる。#1内村の素速いリターンにより40yd地点からの専修オフェンス。#33植木のロングランにより一気にエンドゾーン付近へ。#24蜂屋がFGトライを決め3点獲得し3-3の同点に。しかし、直後、相手の攻撃によりTDを取られる。その後、オフェンス#15山内のロングパスキャッチによりヤード獲得。良い流れの中、更に前進し、#2田中がOL陣の間を素早くすり抜け見事にTD。#24蜂屋のFGトライも決まり10-10の同点になったところで前半終了。

専修のキックにより3Q開始。
専修ディフェンス#25坪野、#1内村の好タックルにより相手がファンブルしたボールを#5小原がリカバーし攻守交代。#6鈴木が粘り強く攻めるもパントヘ。その後、#91峯田、#92石岡、#4廣瀬が相手のパスを止め、#35宮里がランを阻止するもFGを決められる。#33植木のランプレーでフレッシュ獲得するも10-13で3Q終了。

何とか追いつきたい4Q。
DL陣の力強い守備、#22宮崎のパスカットによりパントヘ追い込み攻守交代。#85芳賀のパスキャッチ、#2田中、#15山内のランプレー、続く4年生の攻撃でフレッシュ獲得するも攻守交代。これ以上の追加点を許せないディフェンス。#5小原がパスインターセプトし一気に敵陣30yd付近へ。得点獲得に繋げたいが相手のパスインターセプトにより攻守交代。#95川田のQBサック、#24堀之内のタックルによりパントに追い込む。#1内村の好リターンにより再びゴール付近へ。#14坪沼のQBキープによりフレッシュ獲得。更に#15山内がエンドゾーン内でロングパスキャッチしTDと同時に試合終了のホイッスル。16-20という結果に終わった。

新チームになり、上級生の活躍が見られる試合であった。オフェンス、ディフェンス共に新たな課題の克服に向け日々の練習に精進していく。

カテゴリー: 最新ニュース パーマリンク