2019年5月18日(土) vs.筑波大学 試合レポート

2019年5月18日(土)天候:晴れ

@筑波大学セキショウフィールド

14:30K.O.

日差しが強く感じられる春晴れの中、筑波大学との試合が開始された。

第1Q、専修大学のキックにより試合開始。
リターナーを自陣の10yd付近で抑え、好調の出だしとなった。
攻守交代し、筑波大学の攻撃。ディフェンスの鋭いタックルにより、ランプレーで攻めてくる相手オフェンスを3回で抑えパントに追い込む。
続く専修オフェンス。#2田中のカットのきいたランプレーで前進し、敵陣20yd付近でFGトライを決め、3-0と先制。その後の専修ディフェンスは#1内村を筆頭とするDB陣のパスカットや、#5小原がパスインターセプトを決め、良い流れを作る。良い流れに続きたい専修オフェンス、#42北川のランプレーで敵陣18ydまで前進する。
ここで第1Qを3-0で終了。

良い流れを作りたい、第2Q。敵陣18ydから開始。
#15山内のモーションしてからの素早い走りでタッチダウンを決める。その後のキックも成功し、7点が追加される。続く専修ディフェンスは#24堀之内のタックルにより筑波大学を前には進ませない。攻守交代し、オフェンスの攻撃。敵陣45yd地点よりQB#14坪沼がロングパスを投げ、#15山内がパスキャッチし、タッチダウンを決め、さらに7点追加。
その後、相手オフェンスがパスで攻撃してくるも、#1内村のインターセプトにより専修大学の流れを壊さず、少しも前に進むことは許さない。
その後の専修オフェンスはパスで前に進むも、相手ディフェンスに抑えられてしまい前に進めず、パントになる。このパントにより自陣1yd地点より筑波大学の攻撃となり、隙を見た#92石岡がファンブルリカバーを決め、タッチダウン。7点追加。
その後も#99大倉を筆頭にDL陣が力強いタックルで攻撃を食い止める。
続く専修オフェンスは、30ydのロングパスを#85芳賀がパスキャッチし前進するが、惜しくもギャンブル失敗。24-0で前半を終了する。

取りきれなかったところを取り返したい第3Q、筑波大学のキックにより試合再開。
QB#10酒井の自らの走りにより20yd前進し、#12山本(翔)がパスキャッチを決めフレッシュを獲得していくが、決めきれず、FGトライ。キック成功により3点追加。
キックで試合再開したが、リターンで自陣まで許してしまう。その後の専修ディフェンスで、#39小野、#31高橋の2人がパスカットし、筑波大学の攻撃、得点を防ぐ。ここから挽回していきたい専修オフェンス。#57宮川を筆頭にOL陣が力強いブロック、タックルにより通り道を作り、#2田中が素早いランを見せフレッシュを獲得していくがパントになる。27-0で3Q終了。

筑波大学の攻撃から始まる第4Q。
#92石岡のQBサックと#47星野の鋭いタックルによりパントに追い込む。
続く専修オフェンスは#33植木と#42北川の前に進むランプレーで攻めていく。#84岡田のパスキャッチに続き、#81佐藤(優)のロングパスキャッチにより大きく前進する。QB#10酒井が自ら走りゴール前まで攻め、タッチダウンを決める。
専修ディフェンスは#4廣瀬を筆頭とするLB陣の活躍により、相手オフェンスをギャンブル失敗に抑え込む。
その後も、#43宮里のインターセプトにより良い流れとなり、さらに点数を取りたい専修オフェンスは、#42北川と#85芳賀のパスキャッチによりタッチダウンを獲得。ここで試合終了。40-0で勝利した。

点差をつけて勝利したが、1プレー1プレーでまだまだ甘いところがあった試合であった。今後も練習を重ね、さらに上を目指していく。

カテゴリー: 最新ニュース パーマリンク