2019年9月22日(日) vs一橋大学 試合レポート

2019年9月22日(日) 天候:曇り

@拓殖大学八王子グラウンド

11:00 K.O.

台風の影響を受けることなく天候に恵まれた中、第2節一橋大学との試合が開始された。

専修のキックにより第1Q開始。
一橋大学にリターンタッチダウンを取られてしまうが、直後の専修オフェンスで#33植木が75ydのロングランでタッチダウンを決め、7-6で点を取り返す。一橋の攻撃となるも、すぐさま#1内村がインターセプトし、専修オフェンスへと繋ぐ。QB#98蓮見のランにより15yd前進しフレッシュを獲得するも、上手く進むことができずに攻守交替。#1内村の好プレーが続き一橋に隙を与えぬまま専修の攻撃となる。パスは通るもののなかなか前進できず、ファンブルリカバーをされてしまう。DL#99大倉が力強いタックルをするもフレッシュを獲得されてしまうが、30ydのロングパスを#22宮崎がゴールライン際でインターセプトし、一橋の流れを止める。RB陣がランで果敢に攻めるも、パントに追い込まれたところで第1Q終了。

点差を広げたい第2Q。
先制して優位に試合を進めたいところだが、一橋にタッチダウンを許してしまう。その後のキックリターンで#1内村が敵陣44yd地点までボールを運び、専修オフェンスが開始。なかなか攻め切ることができずパントとなるが、#11蜂屋の好パントにより敵陣4ydまで攻め込む。#91峯田、#4廣瀬のタックルを筆頭に、一橋を圧倒しパントに持ち込む。#14坪沼のQBランによりフレッシュを獲得。その後のプレーでファンブルしてしまうが、#78臼井が敵陣4ydの好位置でリカバーをし、ミスを補う。#15山内のパスキャッチでタッチダウンを獲得。#17奥がFGを決め、14-13となり前半終了。

一橋のキックにより第3Q開始。
#77金子、#57宮川らのOL陣が作った道を#2田中、#6鈴木がランで前進。#85芳賀を筆頭にWR陣が順調にヤードを前進させていくも、ここでインターセプトされてしまう。#9天野の粘り強いタックルによりパントとなり、攻守交替。#81佐藤(優)の手足の長さを生かしたパスキャッチでタッチダウンし、21-13。その後の専修ディフェンスでは、#95川田がQBサックを決め、専修に攻撃権が移る。#27落合、#42北川の華麗なランによりフレッシュを獲得していく中で、第3Q終了。

このまま逃げ切りたい第4Q。
第3Qの流れのまま#33植木がランで攻めるもパントに持ち込まれる。#9天野、#5小原らLB陣の素早いタックルで、ディフェンス一体となって守るがフレッシュを獲得されてしまう。自陣10ydから専修の攻撃。ランを中心とした攻撃で果敢に攻めるも、パントに追い込まれる。#91峯田のQBサック、#24堀之内のパスカットで一橋にヤード前進を許さない。ギャンブル失敗により専修オフェンスとなったところで、試合終了のホイッスル。21-13で第2節の幕を閉じた。

結果としては秋季リーグ戦2つ目の白星を勝ち取り、「全勝昇格」の目標に一歩近づいたものの、ミスが目立つ試合となった。オフェンスディフェンス共に、自分たちの流れをどれだけ早くつかめるかが今後重要になってくるだろう。決して油断せず、次の成城戦では課題が克服できるように日々の練習に励んでいく。

カテゴリー: 最新ニュース パーマリンク