2020年11月8日(日) vs 一橋大学 試合レポート

2020年11月8日(日)天候:晴れ
@アミノバイタルフィールド

9:45K.O.

秋晴れの暖かい日差しの中、第1節一橋大学との試合が行われた。

一橋のキックにより試合開始。
# 2 植木が90ydのビックリターンを見せ、タッチダウン。# 11 蜂屋のトライフォーポイントも決まり、7-0で先制点を得る。続く専修ディフェンスも相手の攻撃を3回で抑えパントに持ち込む。その後果敢に攻め込むも、中々前進出来ず、ファンブルしたボールをゴールラインまで運ばれタッチダウンを許してしまう。専修ディフェンスでは、# 5 宮里の力強いタックルや、# 1 前田のQBサックにより、前進を許さず3回の攻撃で攻守交替。# 81 佐藤(優)の華麗なパスキャッチや、# 2 植木、#19 小林のランプレーにより順調にフレッシュを獲得し、敵陣25ydまで攻め込んだところで、第1Q終了。

点差を広げたい第2Q。
OL陣が作った道を# 2 植木、QB# 14 坪沼がランで着実に前進する。敵陣6ydまで前進したところで、QB# 14 坪沼から# 81 佐藤(優)へのパスが決まり、タッチダウン獲得。続く専修ディフェンスも# 44 石橋や# 17 奥の適格なタックルによりパントに追い込み、敵陣41ydより専修オフェンスの攻撃が始まる。RB陣、WR陣の果敢なプレーにより前進し、最後は# 81 佐藤(優)へのパスが決まり再びタッチダウンを獲得し、21-6。流れに乗りたい専修ディフェンス。# 20 足立のタックルや、# 5宮里のQBサックにより3回の攻撃で抑え攻守交替するも、相手のファンブルリカバーにより攻撃権を奪われてしまう。その後、タッチダウンを取られてしまい、21-13。専修オフェンスでは、QB# 14 坪沼や# 2植木のランプレーで前進しフレッシュ獲得するもここで第2Q終了。

専修のキックにより試合再開。
# 17 奥や# 48 橘田のタックルにより、一橋に前進を許さない。その後、# 44 石橋のパスインターセプトにより、攻守交代。この機会を活かしたい専修オフェンス。# 88 陳根のパスキャッチや、# 6 鈴木のランプレーにより着実に前進するも、パスが通らず4downへ。敵陣5yd地点から# 11 蜂屋がFGを決め、24-13。続く専修ディフェンスでは、フレッシュを獲得されてしまうも、# 93 川田のQBサックや、# 25 坪野の力強いタックルで流れを止め攻守交替。# 2 植木の果敢なランプレーにより前進し、最後はゴールラインに飛び込みタッチダウンを獲得する。# 20 足立や# 5 宮里の好タックルが続いたところで第3Q終了。

さらに点差を広げたい第4Q。
第4Q開始早々、# 47 星野のタックルにより相手の攻撃を止める。続く専修オフェンスでは、# 42 北川が25ydのロングパスをキャッチし大きく前進。その後、# 87 小嶋やOL陣の作った道を#19 小林がランをしタッチダウン。得点は38-13。点差を守りきりたい専修ディフェンス。一橋3回目の攻撃時のパスを# 22 堀之内がインターセプトし、そのままタッチダウンを獲得し流れを作る。その後もLB陣の好タックルが続き一橋を前進させない。ここで# 33 藤田のパスインターセプトにより専修オフェンスに繋ぐ。RB陣のランプレーで前進、最後は# 81 佐藤(優)へのパスが綺麗に決まりタッチダウン。
専修ディフェンスが点差を守り、再び専修オフェンスが攻め込んでいるところで試合終了のホイッスル。52-13で第1節の幕を閉じた。

秋季リーグ戦第1節を白星で終えることができ、好調のスタートとなった。次節の成城大学との試合も油断せず、日々練習に精進していく。

カテゴリー: 最新ニュース, 試合結果 パーマリンク