2014年5月4日(日)vs.明治大学 試合レポート

2014年5月4日(日) vs.明治大学 天候:晴れ 13:30KO @アミノバイタルフィールド

初夏のような天気に恵まれたオープン戦二戦目は、昨年のリーグ戦でも対戦した明治大学だった。

明治大学のキックにより試合が開始され、専修大学の攻撃となる。
#9 升川のランとパスで明治ディフェンスを翻弄するが思うように敵陣に攻め込むことができず、明治大学にフィールドゴールを決められ先制を許してしまい0-3で1Qが終了。

続く2Qでは#14荒井のパスキャッチでフレッシュを獲得し勢いに乗りたい専修だが、立て続けにタッチダウンを決められしまう。
しかしキックオフリターンで#25
内村が敵陣37yd地点までリターンし大きなチャンスを獲得。
そして4thダウン残り10ydのギャンブルを試み、#9升川のパスを#15青木が見事キャッチ。フレッシュ獲得に成功する。
このチャンスを生かしたい専修だったが得点に繋げることはできず0-24で前半終了。

3Qでは#14荒井、#9升川の連続フレッシュ獲得により敵陣に攻め込む。
そしてフィールドゴールのチャンスを得るがここは失敗に終わってしまう。
だが専修ディフェンス持ち前の粘りで明治オフェンスを無得点で抑え、最終クォーターに入る。

このままでは終われない専修は、パスとランを巧みに使い徐々に敵陣まで攻めていく。
そして4Q終了間際、#9升川の投じたロングパスを#14荒井が見事キャッチ。そのまま駆け抜けタッチダウン。この試合初となる得点をあげる。タッチダウン後のトライフォーポイントも#12金子がしっかりと決めたが、反撃も及ばず7-34で試合終了。

Top8相手に苦戦を強いられ白星をあげることはできなかった。

カテゴリー: 最新ニュース, 試合結果   パーマリンク