2014年5月11日(日)vs.東京大学 試合レポート

2014511() vs.東京大学 天候:晴 10:45KO @川崎富士見球場

 

秋のリーグ戦でも戦う同位校ということもあり、両校共に何としてでも手に入れたい一戦であったオープン戦3戦目も天候に恵まれた。

 

専修のキックにより試合が始まったが、序盤から東大のランプレーに翻弄され気味だった。#7岩元がロスタックルを決め、流れを渡したくない専修であったが、東大が4thダウンにおいてFGトライかと思いきや、まさかのギャンブル。大幅に攻め込まれ、そのままタッチダウンを奪われる。巻き返したい専修は、#27木﨑が好リターンをする。そして、#14荒井がパスキャッチをする等、敵陣に攻め込むも得点ならず、0-7で第1Qが終了する。

 

続く2Q、#99飯塚()の鋭いQBサック、#6秦のパスインターセプトで波に乗りたい専修は、#25内村のランで大幅にゲインするも、タッチダウンの好機を逃してしまう。続く東大の攻撃で相次いで1stダウンを許し、敵陣10yd付近まで攻め込まれてしまう。ここで、#4飯塚()がパスインターセプトをし、前半が終了。0-14とし、逆転の望みを後半に託す。

 

後半3Qは、東大のキックにより始まった。#22黒木へのパス等で確実に陣を進め、#35向佐のランプレーでエンドゾーンへボールを運ぶ。#31佐藤()がトライフォーのキックも成功させ、何とか1本を取った。その後も、専修オフェンスはパスプレーを中心に仕掛けて攻めるものの、反則やパスインターセプトでもう1本エンドゾーンを割ることができず、7-213Qを終える。

 

続く4Qでは、#25内村や#9升川のランプレー、さらに東大のファウルを誘い、大きく前進する。ここで、#9升川から#88田代へのパスが通り、タッチダウン。しかし、4Qのみで東大にタッチダウン1本とFGトライ1本を決められ、21-31で試合終了。オープン戦の戦績は12敗となった。

カテゴリー: 最新ニュース   パーマリンク