5月6日(日)vs明治大学 @川崎球場

専修大学 6 — 35 明治大学

【試合内容】
明治のキックオフで試合開始。専修オフェンスは#28山田のランを軸に攻撃するがゲインできず、パント。その直後の攻撃で明治が得点し0−7。
2Qに入り、明治のパスを#93石黒がはじき、#52田中がインターセプトするも、直後に明治ディフェンスにインターセプトされ、タッチダウンにつなげられて0−14。前半終了間近には、相手QBのファンブルしたボールを#5青木がリカバー。#15升川がロングゲインしエンドゾーンに迫るが、前半終了。
後半最初のドライブでは、#18大塚から#11田代にパスが通り、味方のブロックに助けられながら約65ヤードを走りきり、タッチダウンをして6−21。その後3Q中盤に明治が得点し6−28。
4Q中盤にはエンドゾーン間近に来た明治オフェンスのボールを#43吉村がインターセプトしたが専修オフェンスは攻めきれずパントを選択。しかし、そのパントを明治に走りきって得点し6−35。
直後に専修オフェンスも攻め始めたが、6−35で試合終了となった。

 

カテゴリー: 試合結果   パーマリンク