5月20日(日)vs東北大学 @川崎球場

専修大学 55 - 0 東北大学

【試合内容】

専修のキックオフで試合開始。両チームとも最初の攻撃はパント。次の東北オフェンスで#93石黒が2QBサックを浴びせ、東北はパントを選択。専修オフェンスは#15升川から#81萱間にパスが通り、萱間が約80ヤードを走り切って得点し7-0。続く東北オフェンスはファンブルし、それを#93石黒がリカバー。専修が攻撃権を獲得。ここで1Q終了。

 

2Qに入り、専修オフェンスは#18大塚がランでロングゲイン。残りを#7宮代が走って得点し14-0。変わって東北オフェンス。専修ディフェンスはボールをキャッチした相手レシーバーに#4飯塚がタックル。パス不成功にさせ、相手の前進を許さず、東北オフェンスはパント。続く専修オフェンスはエンドゾーン近くまで攻め、パスを投げたがエンドゾーン内でインターセプトされてしまう。しかし、次の東北オフェンスのボールを#42伊藤がインターセプト。攻撃権を得た専修オフェンスは#88中西にパスが通り得点するも、FGを失敗し20-0。次の東北オフェンスでは敵のパスを#93石黒がカットし#42伊藤がキャッチして再びインターセプト。専修オフェンスは#19和田がランで得点し27-0。次の東北オフェンスはパントを選択。ここで前半終了。

 

東北のキックオフで後半開始。専修オフェンスは後半になっても止まらず、#15升川から#81萱間にパスが通り得点し34-0。次の東北オフェンスはパントを選択するも、パンターがボールを蹴る前に#4飯塚がタックルし、絶好のポジションから専修オフェンスが攻撃権を得る。そして直後のプレイで#15升川から#81萱間に再びパスが通り得点し41-0。ここで3Q終了。

 

4Qに入り、東北オフェンスはエンドゾーンに迫るもファンブル。これを#52田中がリカバー。専修オフェンスはヒッチパスをキャッチした#19和田が約40ヤードを走りきって得点し48-0。試合終了間近に何とか前進したい東北オフェンスはロングパスを投げるが、#16岩元がインターセプト。ここで、この試合のホットライン#15升川から#81萱間にロングパスが通り、得点し試合終了。55-0で専修大学の今シーズン初勝利となりました。

 

カテゴリー: 試合結果   パーマリンク